好みで選択

男性の横顔

祭りや企業のイベントなど様々な場所で利用されている半纏は、既製品やオーダーメイドと自分の好みで選ぶことが出来ます。また、オーダーメイドする場合は依頼する販売店の情報収集が必要となるので注意しましょう。

Read more

日本の文化

男性の腕を組んだ様子

半纏といえば日本をイメージする人が多いように、半纏は日本の文化だといえるでしょう。また現代でも多くの場面で利用されており、既製品は安価で購入出来ますがオーダーメイドは高額となるので確認すると良いです。

Read more

似合う体型

男性の開いたシャツ

半纏は昔、火消しなど筋肉質な男性が着用していることが多いため、筋肉質の男性が着ると似合うものです。そのため半纏を着る際は筋肉を鍛えるなどの取り組みをすることで、より一層似合うものだと考えられます。

Read more

シーンで活用出来る

ヒゲを生やした男性の表情

半纏をご購入するならコチラへどうぞ。様々なデザインのものが豊富に揃ってるので、お好みのものがきっと見つかりますよ。

成人式や結婚式にぴったりな振袖がありますよ。いまどきのトレンドデザインの着物がたくさんあるので女性に支持されています。

現在でも愛用されている半纏

半纏は18世紀から庶民の間で着られてきた作業用の上着の事です。現在でも多くの場面で目にする事があります。例えば各地域で行われる祭り、様々な団体のユニフォーム、企業やその他のイベント等で着られています。また昔から今に至るまで植木職人、大工、消防関連の人達等も半纏を着用しています。形状は袖の下を縫い合わせていない広袖タイプ、防寒着に多く用いられる角袖タイプ、袖の形が筒の形をした筒袖タイプ等があります。その他には屋号等が入っている印半纏という物もあります。よく法被と間違われる事がありますが法被は武士の間で広まってきた物、半纏は庶民の間で広まってきた物でその作りも若干違います。金額は既製品の場合は数千円と比較的安く購入出来ます。しかしオーダーメイドだと数万円と高額になります。

始まりとその利用のされ方

半纏の歴史は江戸時代にさかのぼります。当時羽織を着る事を禁止された一般の人々は、代わりとして半纏を着るようになりそれが流行しました。そして主に仕事用のユニフォームとして長く戦後まで着られました。類似のもので印半纏とう物があります。これは当時雇い主から労働者に対して報酬として贈呈されたり、仕事着として与えられたりしました。また職人の間では正式な時に着る礼装としても用いられました。一方全く違う歴史をたどってきた綿入れ半纏という物もあります。これは冬場の家の中での上着として男性女性両方共に用いられて来ました。形状は2枚の生地の間に綿を詰めて作られていて非常に暖かい物です。襟の部分は光沢がある繻子織りの物が多く使用されています。

人生で1回のイベントだから振袖は大阪でも有名なお店で買いたいですよね?口コミガイドで失敗しない和装選びをしよう。